Most Wanted Live Records

もっとも求められている10のライブレコード

伝統的に、夏は音楽フェスやツアーが行われる季節です。私にとって、友達と連れ立ってグラス片手にライブを聴く、これを超える喜びはありません。時として、すべてがピタッとはまることがあるのです。バンドも観客も盛り上がり、(降っても晴れても)その日の天気がその場の空気を作って、屋内外のライブ会場につめかけた誰もが、特別な何かの一部になれたことを実感できる。そんなエナジーの高まりが共有されることがあります。これからご紹介する10枚の「もっとも求められているライブレコード」の各ライブにに参加した聴衆も、会場でそんな体験をしたのでしょうか。これらのライブに参加できたら、どんなに良かったことか!

Most Wanted Live Records Nirvana Unplugged In New York

Nirvana「MTV Unplugged In New York」

持っている:20721人、ほしい: 20697人

Discogsでもっとも求められるライブレコードのひとつ、それは「MTV Unplugged」シリーズでのNirvanaのパフォーマンス。1993年11月18日にニューヨークのSONY Studiosで録音されたこのアルバムは、ヴォーカリストのKurt Kobainがこの世を去った1994年4月8日から数ヶ月後の同年11月までリリースされなかった。リリース後には瞬く間にビルボードチャートでトップに躍り出て、1996年には最優秀オルタナティヴ・ミュージック・アルバム賞を受賞した。

Most Wanted Live Records - Still

Joy Division「Still」

持っている:9713人、 ほしい: 9406人

このダブルアルバムに収められた一枚目のLPはコンピレーションで、二枚目のLPが1980年5月2日にイギリスのバーミングハム大学で収録されたライブ録音。このライブ収録からわずか数週間後の5月18日にヴォーカリストのIan Curtisがこの世を去ったため、これがJoy Division最後のライブ録音となった。「Still」はそれから一年以上が経過した1981年10月にリリースされた。

Most Wanted Live Records ‎– The Allman Brothers Band At Fillmore East

The Allman Brothers Band「The Allman Brothers Band At Fillmore East」

持っている:10337人、ほしい: 6822人

1971年3月12日と13日にニューヨーク市のフィルモア・イーストにて録音され、同年7月にリリースされた一作。二枚のアルバムをリリースした後、バンドはあらかじめ定められた長さの曲を演奏することに固執するスタジオ録音と生演奏のショーでのエナジーが大きく異なることに気づき、ライブアルバムのの収録を行うことに決めた。当時、彼らはすでにフィルモア・イーストでBlood、Sweat And Tears、Buddy Guy、BB KingやThe Grateful Deadの前座としての演奏経験があったので、フィルモア・イーストでの演奏がどのようなものになるか目星をつけることができていた。ライブ初日を終えると、メンバーは再録したい曲を選び直し、翌夜のライブのプレイリストにそれらを追加した。1971年6月27日にフィルモア・イーストが閉鎖されることになると、The Allman Brothers Bandはこのライブ会場のラストライブのヘッドライナーを務めた。

Most Wanted Live Records: At Folsom Prison

Johnny Cash「At Folsom Prison」

持っている:10928人、 ほしい: 6516人

1968年1月13日にカルフォニア州のフォルサム州立刑務所にて録音された。1955年にシングル「Folsom Prison Blues」を録音して以来、Johnny Cashは刑務所での慰問コンサートを希望していた。シングルのヒット後、彼の元には全米中の多くの受刑者から刑務所での演奏を請う手紙が届いた。フォルサム州立刑務所では朝昼二回コンサートが行われ、ライブアルバムには両パフォーマンスからの曲が収録されている。

Most Wanted Live Records ‎– James Brown Live At The Apollo

James Brown「James Brown Live At The Apollo」

持っている:3842人、 ほしい: 6495人

「 Live At The Apollo」は1962年10月24日、ニューヨークのハーレムで録音され、1963年にリリースされた。King Recordsは当時ライブアルバムのリリースに興味を示さなかったため、James Brown自らが費用を自己負担し、このライブアルバムの製作を行った。アルバムはビルボードのTop Pop Albumsチャートで2位に登りつめると、その後66週続けてチャートイン。「James Brown Live At The Apollo」は、マスターテープが紛失され、1989年まで音源保管庫から回収されることがなかったため、そのCDバージョンのリリースは1990年になってからようやく行われたのだった。

Most Wanted Live Records: Stop Making Sense

Talking Heads「Stop Making Sense」

持っている:12420人、 ほしい:6409人

「Stop Making Sense」は1983年12月にハリウッドのパンテージシアターで行われたTalking Headsのライブを収録したアルバムで、同じタイトルで彼らのライブ映画としてもリリースされている。この録音は三夜にわたって行われ、バンドが金銭面、レコーディング、撮影に関する事柄を自らアレンジして、Warner Recordsから資本金を借りいれる形で制作された。映画のディレクターを務めたJonathan Demmeは、その後映画「羊たちの沈黙」をはじめ゙様々な映画を手がけることとなった。DemmeとDavid Byrneの映像に関するインタビューはこちらから。

Most Wanted Live Records: Deep Purple ‎– Made In Japan

Deep Purple「Made In Japan」

持っている:14624人、 ほしい: 6144人

1972年8月にバンド初のライブツアーで録音され、同年12月にリリースされた。 当初Deep Purpleはライブアルバムのリリースに乗り気ではなかったものの、バンドが成長するにつれて海賊盤の要望が増え、また他のバンドがライブアルバムのリリースで成功していることを受けて、このライブ録音に踏み切った。

Most Wanted Live Records - 101

Depeche Mode「101」

持っている:7031人、 ほしい: 5611人

1988年6月18日にカルフォニア州パサデナ市のローズボウル・スタジアムにて録音され、翌1989年にリリースされた。Talking Headsの「Stop Making Sense」とまさに同じように、このレコードはDepeche Modeのライブパフォーマンスを撮影した同タイトルのライブ映画と共にリリースされている。アルバムタイトルの 「101」は、「Music For The Masses」ツアー中のこのライブが、バンドにとって101回目の公演だったことから名付けられた。

Most Wanted Live Records: Iron Maiden ‎– Live After Death

Iron Maiden「Live After Death」

持っている:11833人、 ほしい: 5412人

一部がロンドンのハマースミス・オデオン(現:ハマースミス・アポロ)で1984年10月8、9、10、12日に録音され、残りがカルフォルニアのロング・ビーチ・アリーナで1985年3月14日から17日にかけて録音されたアルバム。1985年10月にリリースされた。「Live After Death」は、史上最長のロック・ツアーのひとつである彼らの「World Slavery」ツアー(期間:330日間、演奏回数:187回)の最中に収録された。

Most Wanted Live Records: The Who ‎– Live At Leeds

The Who「Live At Leeds」

持っている:11826人、 ほしい: 4642人

このアルバムは1970年5月にリリースされた。このアルバムの製作過程に関しては、おもしろい話がある。当時バンドメンバーがライブアルバムのリリースに意欲的だったのに対し、Pete Townshendは過去のテープの中からベストなレコーディングを選曲することに時間を裂くのを嫌がっていた。その代わりとして、過去の録音テープを燃やすと、バンドはリーズ(大学)とハル(・シティ・ホール)での公演をスケジュール。予定では両会場での録音から一番良いものを選ぶつもりだったものの、ハルでのライブでは何曲かベース音が録音されていなかったことから結局リーズでの録音だけがこのアルバムに採用されることとなった。

Discogsを使えばレコード・CD・カセットの売買やお持ちの音楽コレクションの管理ができます。詳細はこちら


Keep Digging

Want to join the Discogs Community of music lovers?
Sign up for an account and subscribe to our newsletters for music articles, contests, limited-edition vinyl, and more.
––––
Return to Discogs Blog

Why leave a comment when you can join a conversation?

Comments are not available for this post, but the forum is a great place to share your thoughts and exchange ideas with the Discogs Community.

Join the conversation, or start a new thread in the Discogs forum.

You can learn more about why we’re no longer hosting comments on our blog in this post.

×