cassette tapes

タイトル: カセットテープをディスる声に耳を貸してはダメだ

怒りのコメントを残していく人のほとんどは、記事をよく読んでいないんです。カセットテープはすぐに作れる(そして売り買いしたりプレゼントしたりできる)んだから、怒る必要なんてないのに。

カセットテープはとても安い 

25 本セットの C30 であれば、通販で 1 本あたり $0.90 程度で購入できます。またはリサイクルショップガレージセール 、実家の屋根裏を探せば、使われていない新品が残っているかもしれません。再録防止用のツメが折られた録音済みテープにセロテープを貼って再利用するツワモノもいますが、私はお勧めしません。何より、大切な記録を上書きしてしまう恐れがありますし、上から録音すると雑音が残る可能性もあります。それに、そのテープはすでに使い古されてクタクタになっているかもしれません。

良いテープデッキを見つけるのは結構大変

テープデッキは予備の確保が欠かせません。だって今は動いていても、いつ壊れるかわかったもんじゃありませんから。とりあえず録音方法を確認しましょう。Google で調べればわかるはずです。それから、録音の本番前はテスト用テープを使ってレベル調整もしておきたいところ。少なくとも、ノイズリダクション機能の仕組みくらいは知っておきましょう。音質を度外視した口述録音用の安価なモノラルのダビング機は、期待通りの録音ができないので買わない方がいいでしょう。

インデックスカードのデザイン

インデックスカード用の紙を何枚もコピーするなら、図書館、コンビニ、職場を活用しましょう。私は自分の似顔絵のゴム印を古新聞に押したものや市販のステッカーの余りを使っています。自分のカセットテープなので、好きなようにしましょう。ケースは購入することも、他のテープから流用することもできますが、私のお気に入りはサンドイッチ用の袋です。

Close up on a stack of cassette tapes

流通

素敵なプロダクトができあがり、数に余裕があれば友だちにも配りましょう。無名のレコードがベストセラーになるなんてこともありますから。友だちがどんな役に立つかなんて、誰にもわかりません。言ってみれば、ミュージシャンである必要ですらないんです。何でもいいから喋って録音しましょう。外に出て周りを見てください。あなたがしたことを言い当てることができる人なんていますか?30 分間ひたすら「ゼラチン」と言い続けてみましょう。ユニークなコンテンツのカセットテープができあがり、それを世に送り込んだら、もうデータベースに登録されるのです。つまり、希望すれば売って稼ぐこともできるということです。

世界は果てしなく、あなたのもの。ちょっとした量のレコードを作るのに、そこまで手の込んだラベルや大金は必要ありません。大企業から、録音したサウンドを取り戻しましょう。自作、自作、自作。業界に頼る必要なんてまったくありません。

Discogsを使えばレコード・CD・カセットの売買やお持ちの音楽コレクションの管理ができます。詳細はこちら


Return to Discogs Blog

Leave A Reply