ターンテーブルの正しいセッティング方法

レコードを良い音で聴くには、ターンテーブルのセッティングを正しく行う必要があります。ターンテーブルのセッティングをあやまると、針飛びが起こったり、レコードにダメージを与えてしまうことがあります。今回は、いくつかの基本的な正しいセッティング方法をご紹介します。

まずは、マニュアルを読もう

ここではホコリまみれで気難しいものの、信頼できる私の「Technics 1200s」を例に、ターンテーブルのセッティング方法をご紹介します。この「Technics 1200s」は、世界中で広くDJに使用されているターンテーブルです。ターンテーブルのセッティングを行う際にまずすべきこと、それはずばりマニュアルを読むこと!なので、もしここで紹介することが説明書と違っていれば、おそらく説明書の方に従ったほうが良いと思います。ちなみに、ここで紹介させてもらうセッティング方法は、とても基本的な内容です。決してハイファイ愛好家向けのガイドではありませんので、その点はあらかじめご承知ください。 ターンテーブルのセッティングに関しては、様々な方法があり、またそれぞれに理由があります。いろいろな情報がありますので、深く知りたい方はリサーチを行い実際に試してみて、一番効果がある方法を探してみてください。ターンテーブルを置く台が、動かず安定していて振動にも影響されないかどうかも必ずご確認くださいね。

つなぐ

何を、どのようにターンテーブルにつなぐかということが、セッティングにおいては大事です。「Technics 1200」は、フォノ(Phono)の出力信号をつくり出します。フォノの出力レベルは、たとえば携帯電話・スマートフォンのAuxやその他のメディアプレイヤーなどのものに比べて著しく低いため、アンプを使用する必要があります。プリアンプ内蔵のDJミキサーにターンテーブルのフォノ出力端子を接続する場合には、そのミキサーのフォノ入力端子を利用するようにしてください。多くの旧型ステレオレシーバーにもフォノ入力端子が付いています。新型のステレオレシーバーやアクティブレシーバーにフォノ出力端子を接続する場合には、出力レベルをライン(Line)レベルまで引き上げるためにプリアンプを使用する必要があります。また、フォノ出力のターンテーブルはグランド/アースを別途、繋げなければなりません。フォノの入力デバイスには、ターンテーブルに付いている細いグランド(アース線)を巻いて入れ込む小さなひねり口がついているでしょう。また、新型の個人宅用ターンテーブルやポータブル・ターンテーブルには、ターンテーブル自体にプリアンプが備えつけられている場合もあります。お持ちのターンテーブルのマニュアルを確認してみてください。接続の際は、かならず全ての機材の電源をオフにすることをお忘れなく。スピーカーをダメにしてしまいますよ!

ヘッドはどこ?

多くの新しいターンテーブルには、針、カートリッジ、ヘッドシェルがはじめから付いていますが、「Technics 1200」には付いていません。ここでは、よく使われる「Shure M44-7」というカートリッジと針を例に説明を続けます。カートリッジは、トーンアームに付いているヘッドシェルに取り付ける必要があります。カートリッジをヘッドシェルに取り付ける際には、カートリッジマニュアルに記載されている通りに、細心の注意を払って行ってください。針とカートリッジヘッドシェルの組み立てが完了したら、ヘッドシェルをトーンアームに慎重に回して締めます。

バランスをとる

つづいて、トーンアームのバランスを取るウェイトを使ってカートリッジにかかるレコードの針圧を調節します。針圧が弱すぎると針飛びが起きてしまいますし、針圧が強すぎるとレコードの溝をすり減らしてしまったり、針にダメージを与えてしまいます。キューイングレバーを下げ、アンチスケーティングを0にセットして、ヘッドシェルをゆっくり持ちあげてトーンアームをレコードを置くプラッターに持っていきます。そして、トーンアームがシーソーのようにバランスが保てるようになるまで、重りを前後に回して調整します。

一旦バランスが取れたら、トーンアームを元の置き場所に戻します。トーンアームのバランスが取れている状態では針圧は0グラムなので、重りの表面の数字のダイアルを0にセットします。そして、カートリッジのマニュアルに推奨されている針圧に重りをセットします。ここで紹介している「Shure M44-7」の場合、1.5〜3.0グラムの針圧が推奨されています。ご利用のカートリッジやレコードの聴き方によっては異なるセッティングが必要な場合もありますのでご注意を。

アンチス・ケーティング

アンチ・スケーティングは、レコード再生時にトーンアームがターンテーブルの中心から外側に滑って動いてしまうことを防ぐ役割を果たします。通常、アンチスケーティングはカートリッジの針圧と同じ数字にセットしますが、多くのDJは、スクラッチやレコードを逆回転させる際の針飛び対策として0と設定しています。

プラッター

「Technics 1200」をはじめとする多くのターンテーブルには、プラッターの上にゴムやフェルト製のマットが付いています。ホームリスニングには、振動を吸収してくれるゴムかコルク製のマットが最適です。DJを行う場合には、(以下の写真のようなすばらしい)フェルトのマットが、スクラッチやレコードを停止する際の摩擦を軽減するため好まれます。マットの厚さによって、トーンアームの調節位置を定めます。「Technics 1200」の場合は、トーンアームの高さはプラッターの外輪の部分を使って調整できます。

これでレコードを聴くためのターンテーブルのセッティングは完了です!再度お伝えしますが、ここでご紹介したのはとても基本的なセッティング方法なので、お使いのターンテーブルによっては作用しないことがあります。ご紹介した情報がお役に立ちますように!

Discogsへようこそ!お持ちのレコードコレクションの管理と音楽の売買を始めよう。


Keep Digging

Want to join the Discogs Community of music lovers?
Sign up for an account and subscribe to our newsletters for music articles, contests, limited-edition vinyl, and more.
––––
Return to Discogs Blog

Why leave a comment when you can join a conversation?

Comments are not available for this post, but the forum is a great place to share your thoughts and exchange ideas with the Discogs Community.

Join the conversation, or start a new thread in the Discogs forum.

You can learn more about why we’re no longer hosting comments on our blog in this post.

×