ヨーロッパの購入者に発生するVATの2重課税について

DiscogsはEU (欧州連合)の一部の購入者が、VATを二重に課せられていることを把握しています。まず、商品を購入する際にDiscogsがVATを徴収し、その商品が(EU内に)輸入される際に郵便事業者によって再び税金を徴収される場合です。

この二重課税の問題は、販売者が税金・VATに関するガイドラインに従い、DiscogsのIOSS番号を必要に応じて郵便事業者に提出しているにもかかわらず、発生しています。この状況はDiscogsに限ったことではなく、他のeコマース・プラットフォームでも発生していることが確認されています。

欧州連合国内におけるこの問題に対し、EU委員会は現在、VATの二重課税に悩む購入者を救済するための一時的な解決策を検討しています。

Discogsではこの解決策に関する新しい情報が入り次第、随時更新していきますが、今のところわかっているのは以下の通りです。

VATの二重徴収の状況について

欧州連合の統括機関であるEU委員会は、二重課税の事例が問題であることを認めています。また、その原因として、郵便事業者が必要なIOSS番号を電子的にやり取りできていないこと、また一部のEU加盟国が税関申告においてIOSS番号を実用できていない可能性があることを認めています。

EU委員会は一時的な解決策を提案していますが、このブログ記事が作成されている時点では、その解決策は未だ確定していません。つまり、Discogsが購入者をVATの二重課税から救済するための情報は、現時点では得られていません。

私たちは、この二重課税問題に対するEU委員会の動向を注視し、可能であれば、すべての要件が明らかになった時点で解決策を実施する予定です。しかしながら、EUがこの提案に署名して法制化するまでは、Discogsは二重課金されたVATの払い戻しを行うことはできません。

とりあえず、どうすればいいのか?

あなたの二重課税問題を報告、そして記録するために、地元のVAT関係局または税関に連絡し、また、購入時にすでにVATを支払っている場合は、配達時に再度支払ったVATの証拠を保管しておくことをお勧めします。この証拠には、VATが配達時に支払われたことを示す郵便事業者からの明細書または請求書、および当社のプラットフォームを介して購入された商品の領収書のコピーが含まれる場合があります。

イギリスに在住で、VATを二重に請求されたとお考えの方は、イギリス政府のガイダンスであるVATの払い戻しを請求する方法をご参照ください。


Keep Digging

Want to join the Discogs Community of music lovers?
Sign up for an account, subscribe to Discogs newsletters, and discover music articles, exclusive news, limited-edition offers, and more.
––––
Return to Discogs Blog
×