DISCOGS 2020年 上半期レポート(マーケットプレイスの分析とデータベースに関するハイライト)

2020年上半期は多くの方にとって、新たなチャレンジを迫られた6ヶ月だったのではないでしょうか。今年1月にCOVID-19の世界的なパンデミックとその影響を誰も予測できなかったと思います。しかし、今年上半期のDiscogsのデータを確認してみると、多くの音楽ファンは未だアクティブで、新たな音楽を求めていることが証明されています。そんな活気ある音楽ファンによってDiscogsマーケットプレイスとデータベースは活発化され、これまでにない盛り上がりを見せました。今回は今年上半期のDiscogsの状況をレポートにしてお届けします。

今年上半期のDiscogsマーケットプレイスでの音楽フィジカル・メディアの売り上げは前年と比べ29.69%増、アナログ・レコードの売り上げは33.72%上昇し、過去最高の伸び率を記録しました。そして、この数字は1月から6月の間​​に580万件を超えるレコードが販売されたことになります。さて、2020年上半期に人気だったレコードは一体どのレコードだったのでしょうか?2020年のベスト・セラーを含む上半期の詳細なレポートは以下からダウンロードできますので、ぜひチェックしてみて下さい!

download the full report

今回のレポートは今までのレポートのスタイルから一新し、より多くのジャンルやトピックをカヴァーしたものに変更されました。今回のレポートでは、各ジャンル毎に「ベスト・セラー」「最高額で取引されたレコード」「最もコレクションされたレコード」「最も欲しいレコード」といった詳細が追加されています。また、Discogsのデータをより広範囲から解析してレポート化するために、ニールセン(米国の調査会社)のデータとの比較を排除しました。

2020年上半期のハイライト

  • Discogsマーケットプレイス全体の売り上げは33.83%増、 データベースへの新たなリリースページの投稿は18.77%増 (前年比)
  • 最も売り上げた音楽フォーマットは、アナログ・レコードで 33.72%増、CDは31.03%増、カセット・テープは30.52%増(前年比)最もフィジカル・メディアが取引されたのは5月で、約160万件が月間で取引
  • 約80万件以上の新たなリリースがデータベースに投稿。アナログ・レコードに関する投稿が全体の42%(337,847件)。2020年4月から6月の間は、平均より30%増の投稿。

Discogs用語集

  • データベース: Discogsの核となる音楽データベース。Discogsユーザーによる新たなページが投稿され、ユーザーの皆さんによってデータベスが構築されています。音楽のフィジカル・メディアを世界で最も多くアーカイブするデータベースです。
  • マーケットプレイス: 世界の音楽販売者と購入者を繋ぐ、音楽マーケットプレイス。データーベースを基にマーケットプレイスが構築されているので、購入者は簡単に欲しい音楽を検索することができ、販売者の方は簡単に出品することができます。
  • コミュニティ: Discogsのコミュニティは、新たなリリースを投稿するコントリビューター(投稿者)、セラー(販売者)、コレクターから成り立っています。Discogsユーザーは、データベースへの投稿、マーケットプレイでの売買、またはオンラインでの音楽コレクションの管理をすることが可能です。
  • ジャンル: Discogs上、または今回のレポートで使用されるジャンルはデータベースのガイドラインで定義されています。


Return to Discogs Blog